負担軽減は遠慮せず相談を

介護の相談はどこにすればいい?

  • トップ /
  • 介護の相談はどこにすればいい?

状況で異なる介護の相談先

介護

高齢化社会となり、「将来に自分や親に介護が必要になった場合にどうすればいいのか」と考えた経験がある人は多いのではないでしょうか。以前の日本には「親の介護は子どもが行なうものだ」という風潮がありましたが、少子高齢化や核家族化が進んだ現在の日本では難しい状況です。自分や家族に介助が必要になった場合は、介助負担軽減のためにも行政や専門家に相談することが必要です。相談先は介助が必要な人の状況によってかわってきます。病院に入院している場合には、病院に勤務しているソーシャルワーカーが力になってくれます。ソーシャルワーカーは生活するうえで困っている人に問題解決のための方法についてアドバイスしたり、実際の手続きをサポートしてくれる仕事です。規模が大きな病院には必ず配置されており、入退院の手続きや退院後の方針について提案してもらうことが出来ます。退院後の介護について不安があり負担軽減を考えている場合は、遠慮せずに相談するようにしましょう。介護保険の申請に関するアドバイスから、退院後に利用するサービス調整まで行なってもらうことが出来ます。在宅で生活している場合は、市町村の担当課や地域包括支援センターに相談するようにします。市町村の担当課は役場に行けば案内してもらうことが出来ます。地域包括支援センターは全国の市町村に配置されている相談窓口です。資格をもった専門家が適切なアドバイスを行なってくれます。無理がある介護は本人にとっても家族にとっても良いことは一つもありません。社会資源を上手に利用し、家族の負担軽減をすることで、良い家族関係を保つことができます。

 

↑PAGE TOP